問い合わせデータをAPIで送信する

formタグのaction属性にカスタムURLをセットする代わりに、APIを使って、問い合わせデータをHyperFormに送信することができます。

実装方法

1. 送信元ドメインの許可設定をする

「HyperFormの管理画面 > フォーム設定 > セキュリティ」
にて「送信元ドメインを制限する」にチェックを入れ、ご自身のサイト(サービス)のドメインを許可してください。
Plain Text

2. API用のエンドポイントにリクエストを送信するコードを書く

APIで実装する場合、送信先エンドポイントは https://hyperform.jp/api/async/{your-form-id}/complete です。
例えばJavaScriptのFetch APIを使って実装する場合、以下のようなコードになります。
JavaScript

制限

スパム防止のため、1分間に5回までのアクセス制限をかけております。
制限に達した場合HTTP 429エラーが出力されます。